交通事故のトラブルは弁護士にお任せ

2020-07-09

交通事故に遭った場合、相手の保険会社より保障が受けられ、賠償金などが支払われるわけですが、事故の状況や被害者のケガや車の修理等など、賠償金の相場など全くわかりませんし提示されればそれに応じるしかありません。

しかし示談にする前に一度考えてみた方が得策です。

もしかしたら自分は被害者なのでそれなりの保障を受けたいと思いますが、相手は加害者にて出来るだけ保険会社の方でも賠償金を少なくしたいのは当然でしょう。弁護士に依頼し、この賠償金が妥当であり、示談しても納得出来るものかどうか相談する事をおススメします。

妥当どころかもっ保障を受ける事が出来、交渉によって賠償金をアップする事も可能かもしれないからです。

ケガをして入院や通院し、仕事にも支障が出たにかかわらず少ない賠償額では被害者は損をする事になります。被害に遭った分に見合った保障をしてもらうためにも、弁護士に相談し妥当でなければ交渉を依頼すべきです。

関連リンク...交通事故慰謝料相談 … アディーレ法律事務所